活動報告・広報誌
「こころ」

当院が行う、様々な活動と広報誌のご紹介です。

活動報告

当院オレンジカフェ「学びや」は、認知症や認知機能低下が低下した方、またその家族や地域の方を対象に交流を深める場として活動しています。
「認知症でも住み慣れた地域で安心して生活できる」をテーマとして、専門職による講話や体操・コグニサイズ・脳トレ、他者との交流などを通して、参加者の身体的・精神的な安定を図ることを目的に取り組んでおります。物忘れが心配な方、他者との交流を深めたい方、お気軽にご参加お待ちしております。

開催日時 毎月第1水曜日 14:00~16:00
開催場所 行田中央総合病院内 4階職員食堂
参加費 100円
予約・
申し込み
不要
お問い合わせ リハビリテーション科 
TEL:048-553-2007(直通)
担当:小橋まで

つどいは、認知症の方やその家族の方のための会です。介護を経験している方ならどなたでも参加できます。

  • 認知症の介護に困っている
  • 介護の悩みを聞いて欲しい
  • 情報の交換をしたい
  • 共通の話が出来る仲間がほしい
開催日時 13:30~15:30
開催場所 行田中央総合病院内 
3階レストラン
参加費 無料
予約・
申し込み
不要
お問い合わせ 地域連携室 TEL:048-553-2060

はらペコ倶楽部は、糖尿病の方やその家族の方のための会です。
楽しく参加できるような活動(調理・歩く会・学習等)を通して、同じ病気で治療されている方と交流を持ち、より充実した生活を送っていただくための「ふれあいの場」です。糖尿病を予防したい、ちょっと血糖値が高めかなと思われている方も大歓迎です。

開催日時 不定期開催。開催時に告知します。
開催場所 行田中央総合病院内 
4階多目的ホール・3階レストラン
参加費 無料
予約・
申し込み
不要

今までの活動

早いもので、はらペコ倶楽部が創設して10年目を迎えました。これも偏にみなさまの協力があったからこそだと思います。職員一同、本当に感謝しております。
感謝の意を込め、今まではらペコ倶楽部を支えてきていただいたみなさまに感謝状をお渡ししました。そしてこれからも一緒にはらペコ倶楽部を支えていただきたく、鉢植えの花をご用意させていただきました。

  • はらペコ倶楽部10周年記念式典
  • 集合写真
  • 院長新春特別講演
  • ラジオ体操第一
  • 豪華なおやつ
  • スペシャルゲスト 行田うきしろ吹奏楽団 ~四重奏~
  • 糖尿病療養カルタ大会
  • まさかのサプライズ

新春のつどい終了後、はらペコ倶楽部役員のみなさまより、職員一人一人に花束をいただきました。まさかのサプライズをいただき、本当に我々職員心打たれました!涙
はらペコ倶楽部最高です!どうもありがとうございました!!今後とも色々なイベントを開催していきますので、今後とも宜しくお願いいたします!

料理教室毎年好評の「はらペコ俱楽部料理教室」

今回は、カロリーを抑えた「おせち料理」をテーマにしました。20名の方が参加され、4品と、いつもより品数が多かったのですが、和気あいあいと手際よく作られていました。さすが、はらペコ俱楽部の料理教室。「家でも作ってみたい。」「おせちの参考になる。」と感想をいただきました。

【メニュー】

・ぶりの照焼き

・筑前煮

・なます

・さつま芋の茶巾

エネルギー 351Kcal(ご飯を除く)

ポイントは、全体的に砂糖から合成甘味料ラカントSを使用してエネルギーをダウンしました。
さあ、お正月が楽しみですね。ですが、お正月は、お餅にご用心!!ご飯150gは、お餅2個分です。お餅は、ご飯と比較して消化が早く腹持ちが悪いので食べ過ぎに注意しましょう。

世界中で11月14日は、糖尿病予防を啓蒙するための日に位置づけられています。当院でも、はらペコ俱楽部の担当者が、外来待合室でイベントを実施しました。血糖測定と糖尿病パンフレットの配布、ごはんの計量と、盛りだくさんの内容。「ごはん食べ過ぎてたわ。」「血糖値気にしていたけど、正常で良かった。」「予防と早期発見が大切ね。」など、感想が寄せられました。

10年目のはらペコ俱楽部ウォーキングで、初めて、映画「のぼうの城」の舞台となった「忍城趾」までウォーキングに行って来ました。

11月ではありましたが、絶好のウォーキング日和。
秋晴れの中、片道2.3キロ・約4,200歩のコースを約40分。古代蓮や埼玉古墳とほぼ同じ距離ですが、行田の街中は、建物が多く景色を見ながら会話を楽しみながらのウォーキングは、短く感じられました。
皆毎日、黙々とウォーキング頑張っていますが、「大人数で歩くのは、楽しいね。」と、笑顔いっぱいの感想が寄せられました。

疲れを癒すウォーキングに欠かせない「おやつ」は、もちろん管理栄養士の手作り。今回は、「ラズベリー&チョコレートのムース」なかなか洒落てますね。

帰りは、水城公園を一回りし、無事終了。お疲れ様でした。

「血管障害」とは、血管が何らかの原因で、破れたり、詰まったりすることによって、血管に障害をもたらすことで、血栓や梗塞などを起こすことを言います。講師は、日本心臓血管外科学会専門医の 前田剛志先生。猛暑の中、38名の方が参加されました。
糖尿病と血管障害についての関連を、レントゲン写真や血管の写真で、専門的に講義していただきました。閉塞性動脈硬化症の症状と治療について・足の壊疽・足の病気の種類など、わかりやすい内容でした。運動に関する質問も多く、時間が足りないほど好評でした。

フットケア外来専門看護師による「フットケアのお話し」足の手入れには、下記の心がけが大切です。

  • 手足の保湿に気をつける。
  • 清潔を保ち、深爪などの外傷を避ける。
  • 足に腫れや、色の変化がないかなどを観察する。
  • 1日の行動や自分のサイズにあった靴を選ぶ。

糖尿病治療には、「運動」が大事。いつまでも元気に歩けるよう、足も大切にしましょう。

5月24日「第10回はらペコ倶楽部総会」開催
平成22年に、22名で発足し10年目を迎えました。
新しい会員さんも増え、楽しく元気に、ためになる患者会を続けていきます。

この日は、夏が突然来たような猛暑。熱中症が心配なため、急遽いつものウォーキングは止めました。「古代蓮の里」では、コグニサイズとラジオ体操で体をほぐし、日陰を探しての軽いウォーキングを行いました。緑がとてもきれいで、新しい感動も覚えました。初めて入った休憩所は、貸切状態。さわやかなフルーツゼリーをいただきながら、はらペコ倶楽部オリジナルかるた大会で、大いに盛り上がりました。
ウォーキングは、天候に左右されるため、万全の準備をしてきた方には、少し物足りなさが残っていたようです。

広報誌「こころ」

年4回発行している、病院と地域のみなさまを結ぶ広報誌が「こころ」です。

最新号

第68号

2022年1月

院長挨拶 / 管理職挨拶 / 外来診療担当医師一覧

ダウンロード

バックナンバー

第67号

2021年10月

院長挨拶 / 下肢静脈瘤はありませんか? 他

ダウンロード

第66号

2021年7月

院長挨拶 / コロナワクチン実施中 他

ダウンロード

第65号

2021年1月

院長挨拶 / 自宅で簡単体操 / 外来診療担当医師一覧 他

ダウンロード

第64号

2020年10月

小児アレルギーエディキューター / インフルエンザ予防接種 他

ダウンロード

第63号

2020年7月

医療最前線 / 医師紹介 / 自宅で簡単体操 他

ダウンロード

第62号

2020年4月

FAT活動紹介 / はらぺこ倶楽部 / 行田市健診事業 他

ダウンロード

第61号

2020年1月

医療最前線 / 骨粗鬆症学会発表 / 禁煙学会発表 他

ダウンロード
お産に
ついて
健診に
ついて
ワクチン
予約